きれい!が大好き 花屋'S ダイアリー ☆フラワーギフト カノシェ☆スタンド花☆花ギフト☆ウエディングブーケ

花屋生活は毎日が きれい!ステキ!でいっぱいです。|フラワーギフト|花ギフト|誕生日 花|スタンド花|ウエディングブーケ|カノシェ人気話題

カノシェ開店物語 その1〜その5

こんにちは(^▽^)
フローリストカノシェ 店長のコージです。

突然ですが
フローリスト カノシェは オープンして20年目になること、
ご存知ですか?

10年ひとむかし、と言いますが
振り返ってみると、あっという間の出来事だったように思います。

もちろん、これからもますます頑張っていきますよ(^-^)


今回は、私の 【脱サラ〜花屋になるまでのお話】 
をしたいと思います。


私は 工業大学を卒業し、OA商社でシステムエンジニア
をしていました。

仕事も一通り覚えた頃、
大学時代からの彼女・佐和子(現在の妻です。)と

「将来お店開きたいね〜。」

なんて話をしていまして 色々調べていました。


【開きたいお店の希望条件】

◎ お客様の喜ぶ姿を直接見ることができる
◎ ひと手間かけて、自分達のオリジナリティーが出せる


・・・とは言え、なかなかピント来る業種が見つかりません。


そんな時、友人がこんな一言をくれました。

「知り合いが花屋をやってるよ」

花屋をしている自分を想像してみて、、、、

これだ!! と思いました。

ほとんど直感です。
理屈でなく、直感って大切だと思っています。


そして、二人とも花屋で合意。
(佐和子はフラワーアレンジメントを習っていました。)

そこから本気で花屋を始める為の修行がスタートしました。


修行編は、日を改めて お楽しみに。

 

ーーーーーー

 

前回の「カノシェ開店物語 その1」 いかがでしたか?
今回は、その続き。修行編です。


花屋を始める為の修行は、OA商社に勤めながら始めていました。

まず、実際に行ったことがなかった フラワーアレンジメントの
体験レッスン。

青山のフラワーショップで 【ラウンドアレンジ】 という
一番基本的なレッスンを受けました。

予想以上にうまくできて 適正がある と思ったことを覚えています。
(コンキョのない自信です。でもやる気がでました!)

=========================
【ラウンドアレンジメントとは?】

○ 真上から見ると真ん丸
○ 横から見ると半円形
○ 円の中心に向かって全ての花が放射線状にささっている

「四方見」と言って どこから見ても綺麗に見える一番基本的な形です。
=========================


たくさんの花の本を読みながら、休みの日には色々なお花屋さんも
巡りました。

お花屋さんに出回る花が載っている 事典のようなものも読みました。

切り花が出る季節・水あげの方法・花の種類や品種など
これらで一通り覚えることができました。

園芸の本も読みましたね。

土のブレンドとか そういった本を電車の中でスーツ姿で読んでいると
おばあちゃんに声をかけられたりしたっけな(^^)


週末には、資格取得のために
フラワーアレンジメント教室と カラーコーディネート教室に
通いました。

どちらもサラリーマン時代に取得することができましたよ。

でも、この資格用のフラワーアレンジメント教室だと
アレンジメントが画一的なものとなってしまうので
それとは別に、お花屋さんが主催している花のレッスンにも通いました。

こちらで 実際の花屋さんで使う花束とか、アレンジメントとか、
その他色々を学ぶことができました。

今でもお世話になっています。先生の存在はありがたいですね。


その後 退社し、市場と生花店に勤め出すのですが・・・

それは 次回のお楽しみ〜(^ー^)

ーーー

前回の「カノシェ開店物語 修行編1回目」いかがでしたか?
今回は、その続き。修行編2回目です。


花の師匠の勧めで、私は市場の仲卸。




妻は、行列のできる大変繁盛している地元花屋さんで働くことに
なりました。


仲卸 というのは、市場から一箱単位(100本とか50本とか)
で買ってきたものを10本単位で花屋さんへ卸すところです。

花屋さんから事前に注文を受け、配達までします。


私が勤めていた頃は、トラックの荷降ろしから始まりました。

夜中の12時頃から 日本中の花を積んだトラックが次々と
やってきます!



荷物を降ろして中の花を確認し、納得したものだけを花屋さん
向けに購入。


その後、花屋さんの注文ごとに仕分けをし、トラックに積んで
配達します。


配達して戻ってくると 夕方の6時頃になってしまうこともあり、
約18時間労働・・・大変な仕事でした。


今はコンピュータ管理されているので少しは楽になっている
ようです。


この仕事で、一番大事な 「花の目利き」 を身に付けることが
できました(^^)
仲卸というのは 花を一番間近で大量に見られる仕事なんですよ。


他、配達先で多くの花屋さんと話をしたり
いろいろなタイプの花屋さんを見ることができました。

これものちのち大いに  役に立っています。



市場の内部の仕組みや 仕入れの仕方も 身についたので
開店のときもスムーズに花の仕入れができるようになりま
したよ(^^)


他にもよかったことは色々とありますが、仲卸時代の
おおまかな話は以上にて。

次回 代官山でプチオープンの話に続きます!

 ーーー

今回の修行編は <<代官山でプチオープン>> の巻〜!


市場に勤め しばらくして・・・

幸運にも、代官山で 『アンティークロージアム』 という
お店をしている親戚から

「修行を兼ねて店先に花のコーナーを出してみない?」
と、お誘いを受けました!


=============================
『アンティークロージアム』
1950年代頃からの
ビンテージ家具、食器、花器、
アクセサリー、洋服を扱う人気ショップ。
モデル、デザイナーなどの業界人。
オシャレなお客さま多数です。
=============================


妻は代官山の花コーナーに専念!

私は市場の仕事と掛け持ちで始めました。


真夜中から卸の仕事をしながら 新鮮な花を仕入れ、
お店に届けて 車の中で仮眠を取っていました。


今ではとてもできません。若かったからこその荒技です(^^ゞ


失敗や苦労もありましたが、、、

お店のオーナーをはじめ、センスの良いお客さまに囲まれて

『オシャレな花の種類・色合わせ』
『雰囲気のあるラッピング』
『器とのコーディネート』
『差し上げる用途によっての提案』
  ⇒これは経験の積み重ねとセンス
『店頭のディスプレイ』
『雑貨の仕入れ、売れ筋の見極め』

などを、体験しながら磨き、、、


代官山の場所柄、

『ウエディングブーケ・レストランウエディング飾花』
『代官山、渋谷パルコ、広尾などのレストランへの活け込み』
『アパレル新作コレクションを飾る花』
『各種イベントの飾花』
『雑誌のウエディング特集へ掲載用のブーケ』

など、多彩な経験ができました♪


独立する前にこのようなことを体験できるなんて!

今思うとすごく恵まれていたと思います(^^)


そして、、、

代官山のお店が改装工事に入るのを機に
待望のショップを オープン することになります!


お店の場所選び、すごく苦労しました・・・

このお話は 次回のお楽しみ♪

ーーー

 

今回は 『お店の場所さがし 1回目』 をお届けします♪


お店の場所を探すのは すごく大変でした(>_<)

何10件見たことか
・・・100件近く見たかもしれません。


<<希望の条件>>

●住んでいる方と仲良く楽しく働きたかったので
住んでいる方の多い場所

●人通りのある一階のお店

●代官山からのお付き合いのあるレストランやオフィスへの
毎週届けるお花の仕事を引き続きおこなえる場所

●すぐ近くにお花屋さんが少ない場所


<<プラスアルファの希望>>

●病院や会社や駅に近い

●公会堂など 人がたくさん集まる場所が近い


上記のような希望を胸に 探しまくりました!


お花屋さんは通常、6坪くらいの広さが一般的なのですが
花の先生のアドバイスを聞き

落ち着いたらお花のレッスンをするかもしれませんし
いろいろやりたいことが出てくると思うので

10坪以上の広さを探しました。


家賃は、、、そんなにたくさん払えないので(^^ゞ
なるべく安いところに絞りました。


どうやって探したのかというのは・・・次回のお楽しみに♪

 

花ギフト フローリスト カノシェはこちら
http://www.kanoche.com/